セミナールーム

SEMINAR ROOM

創造性を刺激する
「場」の大切さ

The importance of "places" to stimulate creativity

強みを活かすためにもっとも大事なことの一つは、創造性を発揮することだと思っています。

強みとは、ある意味他の人との違いでありその違いを、それがビジネスの売上でも他の目標達成でも自分が得たい結果を手に入れるのに活かす方法を創造的に考え出す力が必要です。

受講者全員が同じ知識や型を身につける教育と、受講者全員が成果を得るためにまったく違う方法を考え出す教育ではベースになっている考え方が違います。むしろ後者は教育という言葉が当てはまるかどうかも不明です。

したがって、一見同じように見えるセミナーでもベースになっている考え方が違えば、空間もまったく違う形になってしかるべきだと思っています。

私たちは、参加者が受動的に話を聞くのではなく一人ひとりが本来持っている創造性のスイッチが入りやすくなるために最適だと思える空間作りに挑戦しました。

開放的な窓、木のぬくもりが感じられる机、できるだけ余分なものをそぎ落としシンプルで機能的にした空間、気分を変えるような仕掛け。

すべての細かな工夫は、人が持つ創造性を刺激する「場」づくりを目的にしています。

この場に来れば、いつもよりちょっと創造的になれて、自分らしい生き方や働き方について自分の頭で考えられるようになる。そんな力をこの場が持てるといいなという想いと願いを込めてこのセミナールームを作りました。

セミナールームに
込めた思い

Thoughts about our office

これまでの私たちは、セミナーを開催する際にはいつも貸会議室を借りてやっており、そこでは白壁、絨毯、決まった机、蛍光灯の下でセミナーをするしかありませんでした。

しかし、前述したように強みと個性を発揮しやすくするために必要だと考えている「創造性が発揮できる空間」をより実現していくために自社でセミナールームとオフィスをデザインして作ることを決めました。

実際、これまでも私たちは「場」というものをとても大切に考えており塾生向けに合宿型のサービスを企画するときも相当の手間がかかってもコンセプトに合った地域やその地域の中でもベストなホテル、旅館を全国から探し、その施設の制約条件の中で実現できるサービスづくりを心がけてきました。それは場によって人のエネルギーや創造性はまったく違うものになると感じているからです。

私たちのセミナーには、全国から人が来られるのでセミナールームの中だけでなくセミナー前に朝立ち寄るカフェ、ランチを食べる場所、終わった後に行く懇親会会場を含め、セミナールームの外も含めた体験をより良いものにしたいと考えています。

塾生の方の8割が女性という客層の中で羽田空港や品川駅からアクセスが良く、その人たちの感性やエネルギーにあった飲食店やカフェ、街並みがある場所として恵比寿と代官山に限定し長い間物件を探していましたが、抜群の立地と採光があるこの物件を見た時に「ここしかない!」と思い、私たちの理想を実現する場として、ここにオフィスとセミナールームを構えることにしました。